読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躍動する時間

先週あたりから村上春樹の「騎士団長殺し」を読み始めた。まだ1冊目。本の中で日本画のことが出てくるが、このタイミングで岩佐又兵衛の作品と出会ったこと、最近もらった仕事の新規案件、これらが自分の中では不思議と繋がっている気がしていて、何か意味があるのかなと思った。何となく気になっていたことを改めて意識させられているような、そんな感じ。すぐに影響を受けやすい方だと思うので、自分勝手な思い込みかもしれないけれど。それでもこういうドキドキ感、嫌いじゃない。