読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社でも個人でも

先日クレームを入れた会社からメールが届いていた。謝罪の後に、犯人探し的な内容が書いてあった。辟易した。犯人探しをしてどうするんだろう。その人を追い詰めようとでもいうのか。誰もそんなことを頼んだ覚えはない。どうしてクレームを受けたのか、どうしたら改善できるか、みんなで考えようとは思わないのだろうか。責任感を持って仕事に臨んでいる人はこの会社にいるのだろうかと疑問に思った。

挨拶をする

どうも仕事が捗らない。何だかやる気が出ない。さっさと終えた方が楽なのに。なぜだろう。どうしてこんなにもやりたくないのだろう。この仕事が嫌いなわけでもない。連日徹夜で睡眠不足が続いているわけでもない。むしろのんびりと過ごせている。どうしてだろう。こんなことを書いてる暇があったらさっさと取り組めば良いのにとも思う。でもなぜか取り掛かれない。一体どうしたんだろう。でも週明けには提出しなければいけないので、やるしかないか。

職場へ向かおうと部屋を出ると、同じマンションの住人らしき女性と通路ですれ違った。こんにちはと言いかけた時、壁に隠れるようにあからさまに警戒された。その時、私はこの人はなぜこんなに警戒するのだろうと思った。もしかして、私が危害でも加えると思ったのだろうか。私のことが怪しい人にでも見えたのだろうか。結局特に挨拶もなく、挙動不審にその人は自分の部屋に向かっていったようだ。
ただ、なんとなく落ち着かない気持ちになった。不愉快というか、腹立たしいというか。とにかく嫌な気持ちになった。マスクをして帽子を深々と被り、顔を隠すようにして、挙動不審に何も言わず部屋へ向かうあなたの方がよほど怪しいと私は思った。今のご時世、いろんな事件が起きているから警戒するという気持ちは分からなくはないけど、挨拶くらいできないものだろうか。挨拶してるのに何も返さない方がよほど怪しいと思うのは私だけだろうか。何だか疲れた。

これが最後

この2日間は何も出来なかったなぁ。どこか落ち着かない感じの2日間がさっきの電話でとりあえず終わる気がしました。きっとまだこの波ではなかったのだろう。その波がいつ来るかはわからないけれど、その時までに力をつけておかないと。「これが最後だと思ってやる」またひとつ刻まれました。もしかしたら、自分はどこかで変な未来を見ているのではないのかなとふと思った。それはなんだかんだで安定した未来。自分が望んでいるのはそいうことだったのか?何か見ている方向が違うんじゃないか?そうではないよな?未来は見えないのだ。見えている気になっている自分がいかに気を抜いてしまっているかが分かった気がして嫌な気持ちになった。想像とか創造とは違う。それはなんというかとても安直だ。今までの苦労を無駄にするようなことは止めよう。

気が付けば5月。

光陰矢の如し

4月があっという間に終わる。5月もあっという間に終わりそうな気がする。このままあっという間に旅行を迎えそうなので、時間作ってコツコツと準備をしよう。

今日の出来事

喫茶店でわざわざ周りに聞こえるように会話する人って苦手だな。

少しだけ違う景色

この前ふと思った。仕事が楽しいと。ただ、5月はちょっと予定が詰まり過ぎかも。若干心配ですが、気持ちの切り替えと時間配分と思い切りの良さで乗り越えたい。

受け入れる

今日はとても集中して仕事が出来た気がする。明日も集中して仕事が出来たらいいな。不安なことは紙に書き出したりして確認しよう。ひとつずつ確実にやっていこう。焦りは禁物。落ち着いて丁寧にやることが大切。必要以上に恐れてはいけない。人には得意不得意がある。何に対して、ショックだったのか、冷静になって考える。そしてよく眠る。おやすみなさい。